« 二月は逃げてゆく | トップページ | クレマチス咲く五月に活気を »

2011年2月14日 (月)

待たれる「春は黄色から」

 ことしは春の訪れが遅い。「春は黄色から」の先駆けをつとめる福寿草は毎年、2月はじめには黒い土から黄色の芽をもたげるが、ことしは頭を少しだしただけ。司馬遼太郎の命日「菜の花忌」も過ぎたが、菜の花の盛りはこれからである。希望をもたらす色として親しまれている黄色の春の到来が心から待たれる。066_2

 福寿草は正月の縁起ものとして、鉢植えが飾られるが、庭に植えた福寿草は多年草で2月の初めには土中から黄色の花芽をのぞかせ、春の陽を浴びて日毎に膨らんでゆく。開きはじめた梅の花と”春の一番手”を競い合う。観光用の福寿草の群落がようやく花を開きはじめた写真が、新聞に紹介されはじめたが、わが家のものはこれからで、庭に出るたびに小さな花芽をみては、”春待つ心”をかきたてられる。
 

 「春の黄色から」の代表は、なんといっても菜の花だろう。正月、伊豆の観光名所は菜の花が満開、到るところい黄色の群落がみられた。作家の司馬遼太郎は、春の黄色い花を愛し、なかでも菜の花を好んで、命日の2月12日は「菜の花忌」と名付けられた。
 「坂の上の雲」のドラマ連載がはじまって、司馬遼太郎ブームが再燃しているが、数年前、ドラマ、映画化された名作にも「菜の花の沖」とタイトルがつけられた。042_7
 司馬は、野に咲く花、とりわけタンポポ、菜の花をはじめとする黄色い春の花を愛した。 記念館の書斎の前には、直径1メートルほどの土管があり、司馬はここに菜の花を植え、春の開花を楽しみにしていた。小さいながら雑木林風の庭になっていて、今も同じようにボランティアの皆さんが菜の花を植え、
この日には、1997年以来、毎年、東京と大阪交互にシンポジウムや講演会を開いている。会場に全国から贈られる菜の花約3500本が飾られ、終了後、入場者に配るのが恒例になっている。
 菜の花の絶景は、東欧のボヘミヤ平原に地平線の彼方まで染める黄色の菜の花である。菜種油の原料としてヨーロッパ各地では至る所に菜の花畑がアウトバーンの沿道を埋めるが、なかでもボヘミヤ平原の黄色い絨毯は圧巻だつた。司馬遼太郎は、日本と関係の深いオランダ、スペインのバスク地方の他はヨーロッパを歩いていない。観光は好まないという理由らしいが、彼にボヘミヤ平原の菜の花畑の見事さを見せておきたかった。

 春の黄色の花が好きで、過去になんどか「春は黄色から」という題名のエッセーを書いた。春を告げる「蕗の塔」を採りに近くの裏山を歩いたが、いまは宅地造成の犠牲なって蕗畑が潰され、野生の蕗の塔が消えて久しい。スーパーなどで栽培したパック詰めのものを見かけるが、蕗の薹特有の香りとほろ苦さはなく、手にもする気持ちになれない。
 なんの変哲もない小さな球だが、その香りとほろ苦さが忘れられない。料理店などで蕗の塔の天ぷらを出すが、土から掘ってきたものを味噌汁にまぶした風味はまさに春の香である。

 晩春になると、連翹(れんぎょう)が一斉に黄色い花を枝もたわわに咲き始める。いまは垣根越しに植えるものが多くなった。春の雨に濡れた連翹の花、その黄色の鮮やかさはひとしおである。かつて、イタリアを旅してハイウエイ沿いの丘に連翹の群落が連なっているのを見たが、一般に大ぶりで風情に乏しかったのを思い出した。

 アメリカでは黄色は「希望」「勝利」の象徴として、かつて西部劇には「黄色いリボン」がヒットし、湾岸戦争のときは家庭の門、とくに戦没者の家には黄色の旗を掲げて勝利を祈ったという。日毎に春めいて黄色のオンパレードになるのが待ち遠しい。

|

« 二月は逃げてゆく | トップページ | クレマチス咲く五月に活気を »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65617/50867494

この記事へのトラックバック一覧です: 待たれる「春は黄色から」:

« 二月は逃げてゆく | トップページ | クレマチス咲く五月に活気を »