« 街も家庭も”サボテン化”現象? | トップページ | 二月は逃げてゆく »

2011年2月 6日 (日)

故人からの年賀状

 立春に年賀状の話はおかしいか知れないが、たまたま「朝日」の「声」欄に掲載された「故人からの賀状は絶対保存」という主婦(48)の投書に共感させられた。パソコン時代になってから、長年にわたって賀状をやりとりしていながら、相手が故人となると宛名一覧からの削除で終りと片付けてしまう。そんな心ない賀状の扱いに投じた一石である。

 投書した福岡市の主婦は「古くなった年賀状を、各家庭ではどうされているのだろうか?」と疑問を投げかけている。賀状は大抵、毎年出す相手はきまっていて、宛名を書くのに前年の賀状は保存しているが、パソコンが普及し宛名印刷の機能を使えば賀状保存の必要もなくなった。字体もほとんど同じような宛名印刷は、ダイレクトメールと同じで心が籠っていない。
 パソコンは使うが、せめて宛名だけは手書きにしたい。能率はともかく、相手の顔を思い浮かべながら「お元気ですか」と声を掛けながら宛名を書く。それほど親密の間柄でもなく、職場や仕事の義理で書くものは、年々整理して賀状を減らす傾向が強いが、たった50円で年に一度の挨拶や交流が交わされるのだからと、相手が打ち切らない限り続けている。

 投書の主婦は「私は5年前のものは破棄することにしている。5年も経つと束ねてあったゴムが伸びきるので、年賀状も寿命・・と勝手に判断しているからだ。しかしむやみに捨てるのは忍びない。心の中で頭を下げながらせめて綺麗な袋に入れて捨てている。一方、親しい友人や親戚の写真入りのものは保存する」と、賀状の扱いを披露している。
 バソコンの宛名印刷は一切使わないから、前年、賀状整理のファイルに納めて5年は保存している。フライバシイや個人保護法を盾に会社でも社員・OBの名簿配布を数年前からやめたので、賀状ファイルは名簿がわりに手元におくようになった。
 ことしはお年玉抽選が23日だったので、それが済んでからと1月末に新しいファイルを求めようとしたら、葉書ファイルは年末と正月しかありませんと、文具店に断られた。葉書を出したり保存する人がメール交換などで年々減って、ファイルの需要がなくなったらしい。

 現役のとき、たまたま仕事の関係で世話になったS県高校野球連盟理事長のKさんから、20年も賀状を頂いている。彼もすでに引退、ともにリタイヤの身である。S高校が甲子園全国大会で決勝戦まで進んだ思い出が、Kさんには一生の宝なのだろう。
 スペイン、スイス、ドイツ、トルコなどツアーで同行、たまたま2週間一緒に旅した何人かの人との賀状交換が続いている。当時、新婚さんだったカップルから4人の子どもの写真入り賀状を貰い、10数年前の楽しい旅を思い出す。たかが、賀状一枚とは言い切れない自分が歩んできた”自分史”の一頁でもある。だから、むやみに破棄できない。

 まして相手が亡くなって故人になった場合は、たった一枚の遺された思い出として大切に保存、賀状書きのシーズンになると、亡くなられてから何年か数えてしまう。
 投書の主婦は「絶対保存版は亡くなった方からの年賀状だ。毎年、5年前の年賀状を丁寧に見返してみると、誰もが幸せそうな顔をしてほほ笑み、「なんとか元気で暮らしています」と文字が躍っている。そんな様子はやはり嬉しく懐かしく、頂いたメッセージは、特に大切にしまうことにしている」と書いていた。
 故人となったご本人の賀状だけでなく、そのご遺族から頂いたもの、とくに未亡人となられた方からのものは身につまされて、慰めたり、励ましの添え書きをしてしまう。
 立春の日に、「故人の年賀状」の投書を載せた編集者にも同じ思い出があるのかもしれない。

|

« 街も家庭も”サボテン化”現象? | トップページ | 二月は逃げてゆく »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65617/50793640

この記事へのトラックバック一覧です: 故人からの年賀状:

« 街も家庭も”サボテン化”現象? | トップページ | 二月は逃げてゆく »